挙げないのも選択肢の1つ

結婚式を挙げない理由として多いのは、やはり結婚式の資金に窮しているからというものです。結婚式にかかる費用は平均で300万円前後、車を新車で購入できるほどの金額が1日のイベントだけに費やされることになりますので、この資金を他に回した方が合理的だと考えるのも無理はありません。結婚式を挙げない代わりにハネムーンを豪華にしたり、子供の養育費に充てたりなどといった資金の使い方が考えられ、特に子供の養育費という理由については、将来不安を解消するためにも、結婚式を挙げないことは必要な選択肢であることも確かです。

この他の理由として目立つのが、上司や同僚など、職場の人を招待する上で、誰を招待して誰を招待しないか、その線引きが面倒だからという意見があります。結婚式を挙げるとなれば、家族や親類、友人以外にも、仕事関係の人を招く必要があるわけですが、今後、結婚式に招待してくれなかったという理由で職場の人間関係が悪化することになれば、面倒なことにもつながります。経済的な理由や人間関係といった理由から、現在では結婚式を挙げない人も増えてきているのです。式を挙げないことも選択肢の内の1つとして、検討してみることも、悪いわけではありません。

メインメニュー