結婚式を挙げるカップルの割合

統計データによると、2012年の婚姻件数はおよそ67万組に対して、2005年の結婚式件数はおよそ35万件、これらのデータから算出すると約半数のカップルが、いわゆる「ナシ婚」にしていることが分かります。ただし注意しなければならないのは、2つのデータには7年間の開きがあるという点です。2012年の結婚式件数については調査できませんでしたが、年々減少している傾向にあることを考慮すれば、2012年時点ではもう少し低い件数となることが推測できます。こういった理由を考慮して推測すると、カップルの内の3割から4割程度がナシ婚になっていることでしょう。明確な数字までは出せませんが、5割は切るもののそれほど少ないわけでもない数字になっている、と考えてもよさそうです。

20代と30代の既婚者を対象としたアンケート調査では、20代のナシ婚は40.9%となっており、30代では26.0%という結果が出ています。このことからもおよそ半数には届かない程度のカップルが結婚式を挙げていないことが分かります。30代の方を挙げたい、20代の方は挙げたいとは思わない、年齢層によってその差が現れていることがお分かりいただけると思います。


【管理人推奨サイト】
結婚式にかかる費用に窮している人も多いのではないでしょうか。人ぞれぞれ異なりますが、婚活サイトのコラムやデータを参考にするのも一つの方法です・・・お見合い 結婚式

メインメニュー