結婚と価値観の変化

結婚に対する価値観は年々変化してきており、現在では将来のことも考えて、結婚式を挙げないカップルも少しずつ増えてきています。以前は結婚式を挙げることは、結婚をする上で当然の行事でしたが、近年では費用がかかり過ぎる、式を挙げる手間を省きたい、出産に伴って式を見送るといった事情から、必ずしも式を挙げなくても良いのではないかという意見が見られるようになってきています。この傾向が特に顕著に見られるのが若い世代で、20代のカップルを中心に広がってきており、年齢層が高まるにつれて結婚式に対する考え方も従来の意見が多数派を占めるようになっています。

結婚は人生において、将来を左右する重大なイベントです。その証として結婚式を挙げるという意見が古くからの考え方であるのに対し、近年の若いカップルの間では、結婚を恋愛の延長線上にあるものと考えるのが一般的です。若年層の恋愛傾向として特筆すべきは、結婚前の同棲生活にあります。

彼氏、彼女という恋愛関係の内から同棲生活を始めると言うケースが多くなってきており、この生活中に将来も仲良く生活を送れるのか、本当にこの相手でも良いのかという値踏みを行うことになります。同棲生活の延長として結婚が位置付けられているからこそ、結婚式の価値は薄れ、不必要な行事へと変貌を遂げたと言えるかもしれません。当サイトでは、結婚式を挙げるカップルの割合についてご紹介していきます。若年層の方々は結婚に対してどのような意見を持っているのでしょうか。

メインメニュー